インプラント治療後は

インプラント前の検査

トップ

インプラント注意点の情報

インプラント治療と検査について

人間の口の中と言うのは人それぞれ異なります。インプラントの治療を行う場合は、口の中を検査して治療の可能性を確認していきます。人はそれぞれ骨格と言うものが異なりますので、レントゲンなどを利用して骨格の撮影を行い、治療に適しているか否かを確認していくのです。ここで重要な事は、骨の密度や骨の量であり、骨の密度や骨の量が少ない場合では、そのままでは治療を行う事が出来ません。これはインプラント治療のためにフィクスチャーと呼ばれる人工歯根になるパーツを骨の中に埋め込むためであり、フィクスチャーを埋め込めるだけの骨と言うものが必要になるからなのです。

インプラント 費用入れ歯やブリッジで悩んでいるけど、インプラントは費用が気になるという方はこちらを参考にしてみてくださいね。手術をして快適に食事を楽しみましょう。

検査と持病やアレルギーの申告

インプラント治療は、歯茎を切開し顎の骨に人工歯根を埋め込むという外科的手術を伴います。従って、術後にトラブルを起こさないためにさまざまな検査が行われます。CT撮影、血圧測定、血液・尿・アレルギー検査などです。チタンに対して金属アレルギーがある場合は、オールセラミックでの治療も可能です。わかっている場合は、医師に申告してください。また持病がある場合や、今までに骨粗鬆症の治療を行ったことがある方は必ず申告するようにしましょう。インプラント治療は、骨の状態は特に大切です。骨結合ができなければ治療はできません。また、喫煙は治療の失敗にもつながりますから禁煙を行いましょう。

インプラント 綾瀬で健康で快適な口内に。
虫歯や病気で抜けてしまった歯を治療する最新の方法です。治療実績も症例も豊富で、安心の治療が出来ますよ。